遠距離介護で感じたこと。

発作

今朝、愛猫がひきつけのような発作を起こしました。

寝ていたと思ったら突然、口から泡を吹きながら起き上がる事ができず
ぐるぐる回転をしだしました。
体が硬直してしまったらしく、床に体をガツンガツンぶつけていて。。。

時間にして1分弱くらいだったと思いますが本当に本当に驚きました。

ひきつけがおさまると、すぐに体をさすりました。
足は硬直していましたのでマッサージを続けました。
少し状態が落ち着くと、チッチは苦しそうに「ニャオ ニャオ」と鳴きだしました。

幸い夫が居る時間だったので、何とか冷静さを保てましたが、ひとりだったらかなり
パニックになっていたかもしれません。。

病院で検査をしてもらったところ、血液の異常はみつからなかったので、脳か心臓から
きているのではないか?という事でした。
もちろん高齢ですから、いつ何が起きてもおかしくない事は理解していますが、
いざその時が近づいているという事実に少なからずショックを受けました。

現在は落ち着いていますが、覚悟をしておかなくてはいけないんだなぁ・・・
と思うと何だか切ない気持ちになります。。

でも、出来る範囲の精一杯をしてあげるのが飼い主であり家族(姉)である私の役目
ですものね。
[PR]
by aaaya123 | 2008-01-22 20:05 | sister(猫) | Comments(0)
<< 新しいケアマネさん 誤嚥性肺炎 >>



脊髄小脳変性症の母を持つ40代1人娘の記録デス。 時系列になっていますので古い内容からご覧下さい。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30