遠距離介護で感じたこと。

今後について

母のケアマネさんと電話でお話をしました。
出産前後は母の所へ行く回数も少なくなってしまうでしょうから、その間のお願いをして
おかなくては、と思っていたのです。

周りの方も仕方が無い事なので、できる限りのサポートをしてくれるようです。
本当にありがたく思います。

ただ、身内の代筆が必要な書類がある場合は、こちらに転送してもらって代筆後に
実家へ返送し投函してもらうという、少々手間がかかる事もでてきますが快く了承を
してもらえて安心しました。

最近の母は、ふらつきがひどくなっているようで、頭がグラグラし立っているのがつらく
なってきている様子です。

再度の転倒だけは避けなくてはなりませんし、独居でいられなくなった場合も含め今後
どのようにしていくかを話し合う機会をそのうちに作りましょうと提案されました。

万が一の事を想定し、先のことを考えておく人もいるでしょうし、
そんな先のことは考えたくない、そうなった時に考えれば良いという母のようなタイプの人も
いるでしょう。

病気の身ながら独居で頑張れる母は、ある意味、頑な性質だからだと皆さん言います。
私もそう思います。

数年先・・・・・もしかしたら特効薬がみつかるかも??

そんな風に考えている母の気持ちも汲み取りながら、建設的な話し合いの場が持てれば
いいなと感じます。
[PR]
by aaaya123 | 2008-02-13 22:21 |
<< 留守電のメッセージ いまだから思うこと >>



脊髄小脳変性症の母を持つ40代1人娘の記録デス。 時系列になっていますので古い内容からご覧下さい。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30