遠距離介護で感じたこと。

それぞれに嬉しい日

5月下旬、母方の親戚が遠方からやってきました。

7人乗りのレンタカーを借り、主人・私・娘・叔父・叔母x2で実家へ。

この日にやっと母に娘を逢わせることができました。

娘は大人しくご機嫌な様子で母に抱かれ、母もとても嬉しそうにしていました。


それから皆でお庭のグリーンが綺麗なお店で食事をし、父の病院へ。

娘と主人は病院の中庭でお留守番をしてもらい、叔父達と父の病室へ。。。

病院へ入れない娘の写真を持って父の元へいきました。
父に写真を見せるとわかっている様子でした。
出来るなら元気な父に逢わせたかった・・・・デス。

叔父達は、父に色々と話しかけてくれました。
その呼びかけにも応えているようでした。

倒れた父と初めて対面した叔母は涙ぐんでいました。
私は何故だかわかりませんが、父のために涙を流している叔母の姿をみて、
胸がいっぱいになったのです。
(父の友人知人には特に知らせていないので当然ですが・・・)
何故か報われたような気持ちにりました。

久しぶりに両親の元を訪れるとことができ、娘と逢って
兄妹と逢って嬉しそうにしている母の姿をみられて、そして父に娘の写真を
見せることができ、それぞれにとって「嬉しい日」だったと思います★
[PR]
by aaaya123 | 2008-06-03 18:36 | 両親
<< 自己管理の難しさ 成長 >>



脊髄小脳変性症の母を持つ40代1人娘の記録デス。 時系列になっていますので古い内容からご覧下さい。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30