遠距離介護で感じたこと。

<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

帰省-②

帰省中でも、介護保険のサービスを受ける事ができる。
こちらで利用していたデイケア・歩行器具のレンタルを帰省先でも変わらず利用できる。

ケアマネージャーと帰省先の施設、介護用品会社との連携が必要なのは
言うまでもないが、すばやい対応をしていただけたので、不自由なく過ごせているようだ。
[PR]
by aaaya123 | 2006-08-23 09:35 | | Comments(0)

帰省-①

母は実家へ3週間程の予定で帰省している。
母の両親(80代と90代)・姉夫婦・妹がいるので、発病してから
定期的に行っていた帰省だったが、父が病になって少し状況が変わった。

今までは "父が待っている" からと自分から帰ろうという気持ちがあっただろうが、
"帰っても父がいない" のならば、「帰りたくない」と言い出すのではないか?
そうなったら困る・・・と。
変な期待を持って来るのであれば、来てもらっては困ると言うのである。

実際、病気の母まで面倒を見ることはできないだろうと言う事は理解できるが、私から
この件を母に伝えて欲しいと言われた時には、正直、つらかった。。

母にはどこかで、そうしたいという気持ちがあったし、それを私も知っていたから。

最終的には母ももちろん理解をしたので、今回の帰省が実現した。

思い通りにはならない、仕方が無い事が多いことを理解していくしかないのだ。
[PR]
by aaaya123 | 2006-08-22 17:20 | | Comments(0)

前進

母が難病の宣告をうけてから4年近くが経とうしているが、
もともと母は父に精神的に依存していたので、この事実を
100%受け入れる事をしなかったし、その必要もなかった。

父がほとんどの事を背負ったので、母は悲しんだり、怒ったり、恨んだり・・・
そういう感情を父にぶつけているだけでよかった。

そんな中、病が父を襲った。

今まで、父が背負ってくれていた事が全て母にふりかかってくる。
認めたくない現実がつきつけられる。。。

とてもつらくて、受け入れたくなくて、誰かに今まで父が母にしていたようにして欲しくて
娘の私に依存しはじめる。
遠方にいる母の老父母や疎遠な実姉にまで、面倒を見て欲しいと言い出す。

もちろん、私も出来る範囲で一生懸命頑張った。
そして、そんな中での妊娠-流産・・・・・

母もつらくて悲しい中、いろんな事を考えて少しずつ現状を受け入れるという事をしながら
他人のお世話になりながらでも、自分でできる事は自分でやり
できるだけ長く今まで通りの生活をしていこうという気持ちが固まったようだった。

母も私も強くなった。

これからもまわりの方に感謝して、少しずついろんな事を受け入れて、頑張っていこう。
[PR]
by aaaya123 | 2006-08-04 14:22 | 思うこと | Comments(0)

感謝する

いろんな人の助けや協力があって、今の生活が成り立っていると思います。
本当にただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

皆さん、ありがとうございます。

そしてこれからずっと「感謝する」気持ちを忘れずに
生活していきたいと思っています。
[PR]
by aaaya123 | 2006-08-02 13:58 | 思うこと | Comments(0)



脊髄小脳変性症の母を持つ40代1人娘の記録デス。 時系列になっていますので古い内容からご覧下さい。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31