遠距離介護で感じたこと。

<   2007年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

バイキング

先週の休日、母・夫・私の3人で食べ放題へ行って来ました。
母は色々なものが食べられるビュッフェスタイルのお店が大好きでした。

発病してからも、父や私が少しずつ色々運んできては食べていたのですが、父が病気に
なってからは足も遠のいていましたが・・・

やはり私と2人でいると、どうしてもこれからの不安ばかりが頭をよぎるようですが、
今回は夫がいることもあったのか、終始楽しく食事をすることが出来ました。

場を和ませてくれる夫の存在のありがたみを、とてもとても、深く感じました。

忙しい夫ですが、こうして面倒がらずに力を貸してくれる夫に感謝の気持ちでいっぱいに
なりました。


本当にいつもありがとう☆
[PR]
by aaaya123 | 2007-07-10 09:53 | | Comments(2)

安定

父が今の病院でお世話になってもうすぐ1年が経ちます。

最初は風邪をひいたり、熱が出たりと、様態が安定していなかったのですが、
最近はとてもよい状態が続いています。

少しでも体調が悪いとお風呂に入れないので、こうして状態が安定しているのは
父にとっても大変良いことだと思います。


何故なら、父は、お風呂が大好きでした。

お風呂の中でゆっくり本を読んだり、近くの健康ランドで半日を過ごしたりと本当にお風呂
好きな父でした。

もしかしたら、風呂上りの一杯が好きだったのかもしれませんが・・・・(笑)


最近ヘルパーさんによく言われます。

「お父さん、今も良い男だけれど、若い時はとってもハンサムだったでしょう」

実際、小さい頃は「お父さん素敵ね☆」といわれた事もしばしば・・・。

娘バカかもしれませんが、今も昔も私にとっては男前の父親です。
[PR]
by aaaya123 | 2007-07-05 11:11 | | Comments(0)

来客

先日、北海道在住の叔母(母の実妹)が仕事で東京へ来る予定があったので、
母のところへ顔をだしてくれました。

親戚が皆遠方に住んでいるため、こんな機会はめったにないことだったのでとても嬉しい
出来事でした。

いつもは私と母の2人ですが、この日は3人で一緒に話をする事ができました。

叔母も数年前に乳癌を患っていたこともあり、色々母に話をしてくれました。

叔母も母もすこし戸惑い気味ではありましたが、久しぶりの再会でした。

こうやって、もっとたくさんの人が訪れてくれるといいのになぁと感じた一日でした。
[PR]
by aaaya123 | 2007-07-05 11:00 | | Comments(0)



脊髄小脳変性症の母を持つ40代1人娘の記録デス。 時系列になっていますので古い内容からご覧下さい。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31