遠距離介護で感じたこと。

ちからのミセドコロ

「俺のちからのみせどころだろ」と夫が言った。

両親が相次いで入院をし、とにかく毎日がいっぱいいっぱいで、とにかく何もかもが
どうしようもない時期にも関わらず私はちっとも痩せませんでした。

毎日帰りは深夜になり、疲れすぎて食欲も全く無かった私に、夫はとにかく
「食べろ!」
と言って、何か作ってくれたり食べに連れ出してくれました。

今にして思えば、心が弱りきっていた状態だったので、これで体も痩せていたら
体力も落ちて、精神的にも弱っていって・・・・・

どうなっていたのだろうとちょっと恐ろしいような気がします。

先日、私がこの時期の話をしたら、夫がすかさず

「大変な時期に痩せさせない!
それが、俺の力のみせどころだぁ~」
と言っておりました。
[PR]
by aaaya123 | 2007-02-13 13:40 | 思うこと
<< 精神的介護 あたたかさ >>



脊髄小脳変性症の母を持つ40代1人娘の記録デス。 時系列になっていますので古い内容からご覧下さい。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31